台湾で現地採用に至るまでの一般的な流れを理解しよう

flow
台湾にて現地採用の求人募集をしているような企業を探すとなると、実際に現地に赴いた上でチェックしたり面接するのがいちばん良いのですが、なかなかそのために何度も台湾に出かけるのは時間的にも費用的にも難しいのではないでしょうか。

台湾に人脈がある場合だったり、ビザを持っていて現地に住んでいたりする場合ならば問題はないかもしれませんが、そうでなければ海外の就職や転職情報に強い人材紹介サービス会社に登録してみるのがいちばん良いでしょう。

人材紹介サービスは、ウェブサイトから簡単に登録が出来ますし、登録や利用料が無料なところが多いので、時間も費用もかからずにオススメの仕事の求人情報を非常に手軽に仕入れることが出来るのです。

まずは希望する国を台湾ということで登録しておき、ご自身の学歴や職歴、そして得意分野や所持している資格など、さらには希望する職種なども登録します。

すでに人材紹介サービスに登録されている求人募集中の企業に気になる案件があれば、人材紹介会社のエージェントを通して面接の申し込みをすることも出来ますし、希望に合致する求人情報が出てきたときにメールなどで連絡をもらうことも出来ます。

また、面接は基本的にはご自身が台湾に行って受けることになりますから(日系企業などは日本で面接可)、一社ごとに面接を受けるのではなく、いくつかの企業の面接を抑えておいた上で、渡航したときにまとめて受ける方法ならば効率が良いでしょう。

台湾での様々な働き方と未来のビジョン設定について:
台湾求人の道しるべ : 日本人の働く業界とお勧め人材紹介
このサイトも御覧ください。

ローカル採用で必要になるビザ、職務実績が重要

日本人が台湾で働くとなれば、就労ビザが必要になります。

たとえば、日本企業の駐在員として台湾に派遣される場合でしたら、企業側がビザの手続きをほとんどサポートしてくれるから心配は無いのですが、現地採用として働くとなると自分自身でもいろいろとしなくてはならないことなどもありますから、手順などはしっかりと頭に入れておきましょう。

まず、台湾の就労ビザを取得する際には基本的に職歴が必要となります。

ですから、日本で学校を卒業したばかりだという新卒者の方の場合には、すぐに台湾の就労ビザを発行してもらうのはなかなか難しいかと思います。

もしも、新卒者を対象にきちんと教育をしてくれて、その上で就労ビザを申請してくれる企業があれば良いのですが、現地採用でそういった企業を見つけるのはかなり難しいでしょう。

そして台湾で現地採用となるかどうかのポイントとしましては、企業側もすぐに即戦力として働いてくれるような人を求めていますから、過去の経験を活かせる仕事を探すのが良いかと思います。

台湾は非常に親日的ですし、日本人を積極的に採用したいと思っている企業もあるので、そういった企業とご自身がお持ちの経歴や知識、資格、スキルなどが合致すれば現地採用の企業を見つけるのはそこまで大変ではないはずです。

今まで海外で働いたことがない方であっても、とにかく日本国内での職務実績が重要視されるので、それによって就労ビザを出してくれるかどうかという判断になります。

日本人が現地採用で台湾で働くならどのような職種が多いか

台湾で現地採用の求人情報としては、実にいろいろな職種があります。

まず、日本人だからこそ求められる職種としては、日本語の教師であったり、日本食(和食)レストランでの板前さんなど料理が出来る方などが代表的です。

台湾は世界中の国々と比較しても非常に親日国であり、日本が好き、日本に興味を持っている、という方がたくさんいらっしゃいます。

そのため、日本語をしっかりと勉強したい方も多いので日本語教師の資格を持っているととても重宝するでしょう。

また、その他にも1980年代ごろからはIT産業の発展が著しく、エンジニアなどの求人情報も多くなっています。

台湾の現地企業だけではなく、外資系企業や、日系企業なども現地採用として日本人を募集していたりもしますから、IT関連の知識やスキル、資格などを持っていたり、今まで日本で仕事をしてきた経験をお持ちの方はとても強みになるはずです。

現地採用というと、現地の台湾人の方々を相手にした業務をするイメージがあるかもしれませんが、実際にはそれだけとは限りません。

たとえば、観光のツアーガイドだったり、旅行代理店、日本人が多く居住しているエリアでの飲食店や雑貨店などでの仕事ですと、旅行で訪れていたり現地に在住している日本人を相手にするような業務内容になっていたりもします。

ただし、お客様が日本人だったとしても、台湾人の同僚や上司、取引先などとやり取りをするためにもビジネスレベルの北京語が出来たり、台湾語が出来たりする必要があるでしょう。

就労ビザ発給には被雇用者に支払われる最低給与の条件がある

台湾にて仕事をする場合には、特別な場合を除いて就労ビザを持っている必要があるのですが、これは個人的に申請をおこなうのではなく、雇用先の企業が申請をするものです。

もしも、就労ビザを申請してもらわないまま台湾で仕事をしている場合には法律により罰せられて、国外退去処分になってしまいますから気をつけてください。

特に、人材紹介サービス会社などを利用していれば問題ないのですが、個人的に仕事を探して現地採用として働く場合には、就労ビザについてもご自身でその企業と手続きについて話をしていかなくてはなりません。

台湾の企業が日本人に就労ビザを出す場合には、最低月給が決まっており、およそ50000元以上を支払うことが条件の一つになっているのです。

50000元というと、日本円にして大体185,000円程度ですから、日本のお給料に比べると少なく感じるかも知れません。

しかしこの金額は一般的な台湾人の月給と比べると割と高めですから、わざわざ高いお給料を払ってでも日本人を採用したいと思わせるような人材でないと難しいでしょう。

日本での実務経験が豊富で、採用したらすぐに即戦力となってくれるだろうと思わせることが大切です。

就労ビザが要らずに台湾国内で仕事を出来るケースは、配偶者が台湾人であり、配偶者ビザを持っていたり、永住権を持っている方です。

こうした場合には、就労ビザ無しで自由に仕事をすることが出来ます。

台湾企業に現地採用を目指す上での中国語スキル

台湾で仕事をするのであれば、やはりメインは中国語になります。むしろ語学力無しで台湾企業に就職を目指す人は居ないと思いますが。

駐在員の方だったりすると、英語ができればそれで問題ないという場合も少なくありませんが、台湾企業に現地採用として働く場合にはビジネス上で問題なく意思疎通がとれるレベルの中国語スキルは必須になるといえるでしょう。

これは、現地採用だからこそ求められるスキルであり、周りの同僚だったり先輩や上司、さらには取引先などの企業も相手が台湾企業でしたら、きちんとビジネスレベルの中国語が必要になるのは当然のことでしょう。

日常生活では不自由の無いくらいの日常会話レベルの中国語が出来るだけでは、細かい仕事内容なども分からずに非常に苦労しますし、まず面接の時点で意思疎通が出来ずに不合格になってしまうことが考えられます。

また、「会話」は出来ても、読み書きが出来ないケースもありますが、ビジネスで使用するとなれば、書類だったりメールも中国語でやり取りがおこなわれますので、きちんと読み書きも出来ることが大前提になると思っていて良いでしょう。

どの程度の中国語のスキルが必要なのかは企業によってもそれぞれ基準が異なりますから、お目当ての企業の情報をきちんとチェックしておいて、それに見合うようなレベルの中国語の勉強に励むようにしてください。

最近では日本国内でも中国語の語学学校やクラスなども増えてきていますから、実際に台湾人の先生などに習うのがいちばんです。

幅広い仕事、語学力があると待遇が良くなる傾向がある

日本では、就職した先でまず担当の部署に配属され、その部署で扱っている決まった仕事をこなす業務内容になるかと思います。

一方、台湾の中小企業だったり、台湾にある日系企業、オフィスなどで仕事をする場合には、少人数精鋭的な運営になっていることも多いので、部署の垣根を超えていろいろと幅広い内容の業務を任されることも少なくありません。

また、それぞれの細かい仕事は現地の台湾人に任せておいて、日本人は現地の方々をまとめるリーダー的な役割を求められることもあるでしょう。

そのため、一つの部署の面倒を見るだけではなく、さまざまな仕事をされている方の面倒をまとめて見なくてはならないために、日本でもそれなりのポジションで仕事をしていたことがある経歴が採用にあたって非常に大切になってくるのです。

台湾での現地採用のお給料は、日本に比べると下がってしまうケースが多いのですが、もちろん幅広い仕事が出来て、それなりのポジションに就くことが出来るのであれば、すぐに即戦力として任せられ判断になり、日本でもらっている以上のお給料になったりして待遇面でも優遇されることは間違いないでしょう。

他にも、中国語や英語がビジネスレベルで会話・読み書きが出来るとなると、非常に重宝されます。。

日本の高い技術力を持ち、リーダーシップもあり、いろいろな知識があるような人材をどの企業も求めているのです。

日本の漫画アニメも人気、台湾で日本語教師として働く

日本から比較的近い距離にある台湾は、親日家が多い国として有名です。歴史的経緯から日本語を話すことができる高齢者が多く、住民のほとんどが好意的に接してくれるので、日本人が住むのに最適な国のひとつだといえるでしょう。

台湾に住んで働くためにはビザが必要ですが、国家は原則として国民の雇用を優先して守ろうとするため、取得するのは簡単なことではありません。

しかし、現地である程度の需要があり、専門性の高い仕事に就くなら、ビザの取得の難易度は下がります。現地で必要とされている職業のひとつが日本語教師です。台湾では最近、日本のマンガやアニメなどが人気となっており、日本語を学びたい若者が増えてきています。日本語は漢字の他に平仮名や片仮名が使われる複雑な言語なので、日本語に精通した人材が求められているのです。

台湾で日本語教師になるには、いくつかの条件を満たす必要があります。大学を卒業していることや、現地で日常生活を送れる程度の中国語のスキルを身につけていることが最低条件として挙げられます。ただ、大卒で中国語を話せる日本人は大勢いるので、他の日本人と差をつけたいと思うなら日本語教師養成講座を受けておくと、教師としてのスキルを有している証拠とアピール材料になります。

給料は日本と比較するとやや低くなる傾向がありますが、将来世界へ羽ばたく若い人材の育成に携われることは大きな魅力ですし、誇れるキャリアとなるでしょう。

台湾の医療事情と現地に居住する日本人の社会保険制度

台湾の医療事情については、大病院には高度な設備が備わっており、技術も高く、日本や欧米と比べても医療レベルにまったく遜色はありません。個人病院ではレントゲンなどの検査設備が備わっていないことも多いです。また、クリニックから大病院へ紹介される仕組みがなく、直に大病院へかかることが出来るシステムです。外国人向けの特別診療センターでは日本語での受診が可能で、開業医でも日本語で診察してもらえることが多いです。日本人が多く住む地域では、日本人のかかりつけ医になっている施設もあります。また、病院によってはボランティアによって日本語通訳が可能な場合があります。それから覚えておくべきなのは、救急車を呼ぶ場合は119番へ電話をかけるということです。このとき、公的機関(消防車)、各病院、民間救急会社へつながります。

台湾における日本人向けの社会保険制度として、国民健康保険プログラム(NHI)があります。適用対象は外国人を含む全居住者です。台湾に満4ヶ月以上滞在している外国人も強制加入になります。ただし、一定の雇用主を持つ被雇用者はこの萬4ヶ月の制約を受けません。
納付者は加入申請を行った後に、定められた保険費用を納付します。加入後は家族も被保険者とみなされ、全員加入の形になります。加入者は病院を受診を受けるときに、全民健康保険カードを提示することで医療費・処方費の一部を納付し、不足分は病院が中央健康保険局に対して支払い請求を出すことになっています。この全民健康保険が利用できる施設は入り口に「全民健康保険特約診療所」と提示してあります。また、全ての医療行為が保険適用の対象ではないという点に注意しましょう。

親日で温かい人が多い台湾という国

台湾には一度、大学の授業の一環として訪れたことがあります。
1週間という短い期間ではありましたが、台湾という国の良さを存分に体感することができました。

まずは、台湾人の人の良さです。
歴史的なところから台湾には親日の人が多く、町を歩いているとよく日本語で「こんにちは」と声をかけられます。
買い物をしていても、日本のファッションやアイドルについて話しかけてこられたり、普段の買い物以上に楽しむことが出来ました。
台湾留学していた友人いわく、良い意味で、もういいと言いたくなるほどおせっかいで、気を遣ってくれるのが台湾人だそうです。
私も実際に台湾で色々な人と出会い、理解することが出来ました。

また、台湾での料理も非常に良かったのを覚えています。
外食文化のため屋台などが多く、安いのに、全てが美味しかったです。
有名な小籠包や巨大かき氷の他にも、新鮮な果物などを堪能することが出来ました。

台湾は、アジア圏への旅行にあまり興味の無い人でも、一度行けばその魅力に引き込まれること間違い無しのオススメの国です。

人気の観光地・台湾の国土、産業、日本とのかかわりついて

台湾はさつまいもに似た形をしていて、面積は3万6千平方キロメートルあります。昔から住んでいた原住民系の14の民族と、中国大陸から移住してきた人が約2,300万人暮らしています。産業は電気、電子、鉄鋼金属や、繊維業がさかんです。また、茶の生産も盛んで台湾茶として世界的に有名です。さらに、人気の観光地として訪台観光客数は2013年には800万人を越えています。

現在日本とは正式な外交関係はないのですが、民間レベルの認識では、交流が盛んです。過去には日本が統治していた時代もありましたが、そのあと中国政府が治めることになると人々の不満も増え、日本の統治時代の方が良かったという台湾人が多かったため、今でも親日家が多いようです。さらに、 台湾の震災の時ににほんかにほんが日本がいちはやいち早く支援したため、2011年の東北大震災の時には多くの台湾人からの寄付が集まり、台湾からの支援は200億円を越えました。このように、日本と台湾には深いきずながあります。